マンション経営で収入を安定させる|空室対策が成功のポイント

笑っている男性

経営上の注意点

夫婦

マンション経営を行う場合には、空室を生じさせないための工夫が必要になります。マンションを丸ごとい1棟購入することで空室リスクを低減させる方法もありますが、入居者のニーズをとらえることで退去者を出さない工夫も重要です。

詳しく読む

ゼロから始める投資

くつろいでいる女性

マンション経営は、マンションを担保にして投資資金を借り入れることができるため、元手がなくても始められる投資です。ただ、長期間の経営の中で不測の事態が生じることもありますので、その時に備えて余裕の資金を準備しておくことが大切です。

詳しく読む

マンションの魅力について

外観

不動産賃貸で知るべき情報

マンション経営のなかでも、不動産賃貸業において一番大切なことは、空室を防ぐということです。賃貸しているマンションが空室となっている限り、貸主は収入を得ることができないことになります。では、どのようにして空室を防ぐのかというと、マンションをより借りてもらいやすくすることです。どのような部屋が借りてもらいやすいかというと、まずはキレイにするということです。具体的には部屋の入れ替えがあった際には、クロスの張替やフロ−リングの修繕など修繕に力を入れるということです。マンション経営においてよくあるのが、修繕費用を削って汚いままの部屋で募集を行って、なかなか入居者が決まらないというケ−スです。こうなると、次に修繕に費用をかけることは難しくなるため、避ける必要があります。

不動産賃貸が人気の理由

マンション経営は副業としても注目されています。その理由のひとつとして、時間効率があります。たとえばサラリ−マンが副業を考えたとします。その際にはアルバイトをするには、本業の終了後にまた別のところで数時間仕事をする必要があります。これを1年続けるのは、精神的にも体力的にも非常に困難です。マンション経営を副業した場合には、日々時間がとられることはありません。また管理などの時間が作れない人は、管理会社にこれらの業務を依頼することができます。管理業務をまかせている場合には、主な業務としては部屋の入れ替えの際の修繕や賃貸条件の設定、さらには入居の許可や不許可を判断することです。どこまで時間をとれるかによって、管理業務を依頼するかどうかを決めるのも一つの方法です。

マンションを選ぶ

内観

マンション経営で重要なことは空室リスクが低い物件を選ぶことにあります。マンションそのものの価値よりも周辺環境の価値を十分に判断したうえで、理想的なマンションを選択することが経営を行っていくうえで重要になります。

詳しく読む